WATCHAの口コミ・評判まとめ!実際に使用したメリット・デメリットは?どんな人におすすめ?

2021-05-04

WATCHA 口コミ評価まとめ 実際使ってわかった メリットデメリット

2020年9月にリリースされた動画配信サービス「WATCHA(ウォッチャ)」は、映画好きがアッと驚くラインナップと、精度の高い好み分析機能が魅力のサービスです。しかし、出てきたばかりの新しいサービスで実態がよくわからず、登録に踏みきれない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、WATCHAに関するインターネット上のリアルな口コミ・評判や、実際に私がWATCHAを使用している中で感じたメリット・デメリットを、まとめてご紹介していきます。さらに、WATCHAがどんな人におすすめかについても解説していますので、登録を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

\追加料金0で見放題/

WATCHAの良い口コミ・評判

  • 有名な作品からマニアックなものまで、ラインナップが幅広い
  • 他のサービスにはあまりない旧作・B級映画を扱っている
  • 韓国映画が豊富
  • 作品のジャンル分けが細かい
  • シナリオの特徴で映画を検索できて目新しい
  • 好みを分析して予想評価を出してくれる好み分析機能がすごい
  • 他のユーザーがまとめた作品リストを見られて便利
  • ウェブサイトやアプリが使いやすい
  • 初回は1ヵ月無料体験ができる

ラインナップの面白さ・好み分析機能の正確さなど、他サービスにはないWATCHA独自の魅力が評価されていることがわかります。物珍しさで無料体験に登録してみたけれど、使ってみたら自分にすごく合っていてハマっちゃった!という意見も。

比較的新しいサービスなので口コミ数はそう多くありませんが、それでもポジティブな評判のほうがかなり目立っていました。

WATCHAの悪い口コミ・評判

  • アカウント作成しないと配信作品をチェックできない
  • 映画のみ配信しているため、ドラマやアニメを見られない
  • 配信作品数が他サービスに比べて少ない
  • 見たい作品が配信されていなかった
  • スマホ・PC・タブレット以外の対応端末が少ない
  • 再生速度を変更できない

悪い口コミを見てみると、他のVODサービスとWATCHAと比較したときの作品数の少なさが残念…というものがほとんど。とはいっても、ネガティブな評判はなかなか見つからず、探すのにかなり苦労しました。

WATCHAはまだリリースされて間もないサービスであるため、作品数の劣りは仕方ないという見方もできます。配信してほしい作品をリクエストすることが可能なので、ボリュームの充実は今後に期待したいところですね。

WATCHAの口コミ・評判まとめ

良い口コミは「マニアックなラインナップ」「おすすめ機能が便利」「検索機能が充実している」など、WATCHAサービスの独自性を評価する声が多く見られました。

一方で、悪い口コミは「配信作品数の物足りなさ」「映画しか見られない」「登録前はラインナップ非公開」など、作品に対する不満が目立ちました。

WATCHAのメリット・デメリット

インターネット上の口コミ・評判を見てみると、なかなか高く評価されていることがわかりましたね。ここからは、実際にWATCHAを使用している私が肌で感じたメリット・デメリットをご紹介していきます。

実際使ってわかった!メリット

WATCHAは個人的にかなり優秀なサービスだと感じます。メリットを挙げればきりがないのが本心ですが、ここではより魅力的なポイントを厳選してご紹介しますね。

WATCHAのメリットは次の通りです。

  • 1ヵ月間の無料体験
  • 料金プランを2種類から選択できる
  • プランに関係なく映画見放題
  • ラインナップが他サービスとは一味違う
  • 月額以外に課金する場面がない
  • 動画をダウンロードできる
  • 作品を検索しやすい
  • 映画の分類が細かい
  • 自分専用の☆評価を出してくれる
  • アカウントを共有できる(プレミアムプランのみ)
  • 映画レビューアプリ「WATCHA PEDIA」と連携可能

WATCHAの最大の魅力とも言えるのが、独自性のあるラインナップ。『ラ・ラ・ランド』など誰もが知っている名作から、『ルーム』『お嬢さん』のような他サービスではなかなか観られない作品まで揃っています。

料金プランはベーシックプラン・プレミアムプランの2種類がありますが、どちらを選んでも全ての映画が見放題。課金やポイント消費をしなければ視聴できないという作品は、WATCHAにはありません。プランを変えない限り毎月の支払額は一定ということになるので、料金体系がシンプルで助かります。

WATCHA プラン選択

さらに、他のサービスと比べて映画が細かく分類されているのも嬉しいポイント。例えば、「アジア映画」と一括りにするのではなく、韓国・香港・中国としっかり国別に分類されています。これって実は結構珍しいことで、映画を探すのがすごく楽になるんですよね。「アジア映画」と一口に言っても様々なので、製作国にこだわりたい映画好きの方にもぴったりです。

WATCHA 国から作品を探す

さらに、悪党・痛快・爆笑・タイムトラベルなど、好みの特徴から映画を検索するという面白い機能もあります。

WATCHA 特徴で作品を探す

次のように、ジャンル・国・特徴を指定して検索すると、たくさん表示されていた映画を10本程度にまで絞り込むことができました。自分好みの条件を満たしている映画を、素早く探せるのはとても便利です。

WATCHA 絞り込み検索で作品を見つける

さらに、映画の評価をつけていくとWATCHAが好みを分析してくれる機能も外せません。

WATCHA 映画を評価する

見たことのない映画に自分がつけるであろう予想評価を出してくれる機能は、凄いの一言。「大体の人はつまらないと言うけれど、私にとっては面白い」映画を、効率よく探せるというわけです。

WATCHA 予想評価

実際使ってわかった!デメリット

様々なメリットがある一方で、残念ながら、やはりデメリットも存在します。WATCHAのデメリットは次の通りです。

  • ドラマ・アニメを扱っていない
  • 上映終了したばかりの新作は配信していない
  • 配信作品数が比較的少ない
  • テレビで見る方法が限られている
  • アカウント共有時に検索履歴・閲覧履歴がバレる
  • アカウントを登録するまで配信作品が分からない

まず、WATCHAは映画のみを配信しているという点に注意しましょう。ドラマやアニメは視聴できません。

また、映画に絞ってサービスを展開していることもあり、WATCHAが取り扱っている作品数は他社に比べて少なめ。しかし、ラインナップの質が良いので個人的にはあまり不満は感じませんでした。というのも、筆者の場合は、「何かおもしろい映画は無いか」という気持ちでWATCHAを作品発掘のツールとして利用しているため、作品数がある程度少なかったとしても、実はあまり気にならないんです。

反対に、まとまった時間に映画を観まくりたい方や、すでにお目当ての作品が決まっている方などは、物足りなさを感じてしまうかもしれませんね。

以下は、各サービスの配信作品数を比較したものです。作品数を重視する方は、サービス選びの参考にしてみて下さい。

※作品数非公開のサービスに関しては、独自にカウントした結果を目安として記載しています。

サービス名

配信作品数

WATCHA(公式では非公開)

1600本以上

U-NEXT

20万本以上

hulu

7万本以上

Amazon Prime

1万本以上

(2020年12月時点)

WATCHAはどんな人におすすめ?

  • 映画だけを視聴したい人
  • マニアックな作品が見られる動画配信サービスを探している人
  • 自分と相性のよい映画を発見したい人

一言で言ってしまえば、WATCHAは全ての「映画好き」におすすめ。ラインナップ・プラン・機能、どれをとっても映画を見るのに適したクオリティだと言えます。映画に興味がある方は、1度試してみる価値があるサービスでしょう。

特に、まだ見ぬ映画との出会いを楽しみたい方にとって、WATCHAは最強のサービス。好み分析などの機能が、「視聴する映画を決める」段階から役立ってくれますよ。

まとめ

WATCHAのネット上の評判や、実際に使用して感じたメリット・デメリットを解説していきました。名作からニッチな作品まで幅広く扱うラインナップや、作品を探すのに役立つ「好み分析&映画おすすめ機能」はWATCHAならではの魅力。さらに、初回登録の場合は無料で1ヶ月間体験できるため、サービスが自分に合うか確かめることもできますよ。

ぜひ、登録するメリットが満載のWATCHAで、映画を楽しんでみて下さい!

新作映画がたくさん見たい人やアニメも見たいし、家族アカウント共有もしたいけど月額1000円くらいが予算ならクランクインビデオもおすすめです!

スポンサーリンク

WATCHA

Posted by 映子