【月額500円】アマゾンプライムビデオとdTVの違いを比較!おすすめはどっち?配信作品数・見放題・コスパ・アカウント共有など徹底比較!

アマゾンプライムビデオとdTV違いを比較

アマゾンプライムビデオとdTVは、どちらも月額約500円とワンコインで利用できる動画配信サービス。値段がほぼ一緒なだけに、どちらを選んだらよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、今回の記事では値段・ラインナップ・アカウント共有などあらゆる面からアマゾンプライムビデオとdTVを徹底比較し、どんな違いがあるのかを解説します。実際に使用したからこそわかる経験談なども豊富に紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

\見放題充実

音楽好きにおすすめ!

\プライム会員特典あり/

家族アカウント共有6つOK

アマゾンプライムビデオとdTVのサービス比較

 

アマゾンプライムビデオ

dTV

月額料金

月額500円(税込)

年間4,900円(税込)

月額550円(税込)

無料お試し期間

30日間

31日間

対応端末

スマートフォン・タブレット・パソコン・Blu-Rayプレーヤー・ゲーム機・セットトップボックス・メディアプレーヤー・スマートテレビ・Amazonデバイス

スマートフォン・タブレット

パソコン・レコーダー・スマートテレビ・Amazon Fire TV・Apple TV

動画配信数

54700本

120000本以上

無料動画数

11800本

120000本以上

レンタル

43000本

7400本

録画機能

不可

不可

ダウンロード再生機能

見逃し配信

有り

有り

海外からの利用

不可

アカウント共有

アマゾンプライムビデオとdTVの配信作品数比較(レンタル除く)

ジャンル

アマゾンプライムビデオ(プライム特典のみ)

dTV(見放題のみ)

邦画

2,271

813

洋画

298

1,055

韓国映画

154

36

華流映画

153

28

アニメ

682

286

国内ドラマ

221

298

海外ドラマ

794

159

オリジナルドラマ

75

82

お笑い・バラエティー番組

1,821

171

このように比較してみると、アマゾンプライムビデオとdTVでは、月額料金のみでみられる作品数にそこまで大きな違いが無いことがわかります。実際に数えてみると案外作品数は少ないもので、総作品数だけではコンテンツの実態を判断できないということですね。

アマゾンプライムビデオとdTVの得意ジャンル

作品数からアマゾンプライムビデオとdTVがどんなジャンルに強いかをリストアップすると、次のようになります。

アマゾンプライムビデオ

dTV

邦画・アジア映画

海外ドラマ

バラエティー

洋画

オリジナルドラマ

音楽関係(後ほど解説)

今回の比較ではレンタル作品を除外していますが、レンタルを含めると全体の作品バランスも変わってきますので、その点にはご注意ください。

Amazonプライム レンタル作品

アマゾンプライムビデオとdTVの両方に共通して、レンタル作品には新作や見逃し作品が多い傾向があります。新作をバンバンみたいという方は、どちらのサービスの場合でもレンタルのために課金をする必要があることを考慮しておきましょう。

両方のサービスを使用してみた実感としては、実際に2時間程度の新作映画をレンタルする場合、アマゾンプライムビデオは1本500円~・dTVは1本400円~が相場かなという印象です。レンタルすることを見越して、レンタル価格が安めのdTVを選ぶというのもアリですね。

アマゾンプライムビデオとdTVの違いとは?

ここからは、アマゾンプライムビデオとdTVにどんな違いがあるかのご紹介です。

それほど違いがみれらなかった項目もあるのでその点は省略し、選択のポイントとなりそうな次の4つの項目を詳しく解説していきます。

1.料金

2.配信コンテンツ

3.ダウンロード機能

4.アカウント共有

それでは、順番にみていきましょう。

1.料金でアマゾンプライムビデオとdTVを比較

アマゾンプライムビデオとdTVを月額料金で比較すると、アマゾンプライムビデオが500円(税込)、dTVが550円(税込)でほぼ同じだとわかります。どちらも500円程度とリーズナブルな価格設定なので、料金面では引き分けといったところですね。

アマゾンプライムビデオ

月額500円(税込)

年間4,900円(税込)

dTV

月額550円(税込)

※Amazon Prime Student(学生限定)

月額250円(税込)

アマゾンプライムビデオの場合は4,900円(税込)の年間プランも用意されており、こちらの場合はひと月当たり約408円とさらにお得になります。

Amazonプライム 料金プラン

いきなり年間プランを契約するのは勇気がいりますが、コスパ重視で思い切って1年契約をしてしまうのも一つの手ですね。

さらに、Amazonプライムには学生限定のPrime Student(プライムスチューデント)というプランも用意されています。プライムスチューデントでは月額料金が税込250円と通常会員の半額になるので、Amazonプライムへの加入を考えている学生さんは必見ですよ。そしてさらに、無料体験期間が6か月と格段に長いのも嬉しいポイントです。

とにかく安くVODサービスを利用したいという学生さんは、アマゾンプライムビデオを選ぶのがよいでしょう。

2.配信コンテンツでアマゾンプライムビデオとdTVを比較

次に、配信コンテンツの面からアマゾンプライムビデオとdTVを比べてみましょう。

まず総作品数ですが、こちらはアマゾンプライムビデオが約55,000作品・dTVが約120,000作品以上となっており、dTVのコンテンツ量はアマゾンプライムビデオの約2倍であるとわかりますね。

アマゾンプライムビデオ

約55,000作品

dTV

約120,000作品以上

ただし、ここで注意していただきたいのが、dTVの「12万」という数字。というのも、実はdTVの12万作品のうち、その半数以上は音楽系コンテンツです。つまり、12万作品全てが映画やドラマなどの動画作品というわけではないんですね。

dTV ライブ

dTVはavexが運営しているということもあり、音楽コンテンツにかなり力が入っているようです。調査した限りでは、詳しい内訳は次のようになっています。

カラオケ

80,962件

ライブ

6,408件

MV

29,055件

(2021年5月現在)

dTVはアーティストのライブやカラオケ音源を楽しみたい場合はもってこいのサービスですが、映画やドラマなどのコンテンツ数ではアマゾンプライムビデオと大きな違いはないと考えていただいて大丈夫です。

3.ダウンロード機能でアマゾンプライムビデオとdTVを比較

続いて、アマゾンプライムビデオとdTVのダウンロード機能の違いをチェックしていきましょう。

基本的にはどちらのサービスでも動画をダウンロードすることが可能ですが、細かい制限に違いがあるので注意が必要です。詳しくは次の表をご覧ください。

 

アマゾンプライムビデオ

dTV

ダウンロード機能

有り

有り

オフライン再生

不可

ダウンロード数上限

基本的に25本

無し

動画を保存できる端末

スマートフォン・タブレット・PC(Windows)

スマートフォン・タブレット

このように、アマゾンプライムビデオにはダウンロード数に最大25本の上限があるのに対し、dTVには制限がないのが特徴です。とはいえ、どんどん動画をダウンロードしていけばそのうち端末の容量がいっぱいになってしまうので、本数のうえでは上限なしのdTVも、実際には「端末のストレージが上限ということになりますね。

マル秘情報

アマゾンプライムビデオの最大ダウンロード数は25本ですが、都度削除すれば実質ダウンロードできる数に制限はありません。

また、ダウンロードした動画をオフラインで再生できるかという点でも違いがあります。アマゾンプライムビデオは完全オフラインでの動画再生が可能ですが、一方でdTVは完全オフラインでの再生ができませんdTVではダウンロード済み動画を再生するときにライセンス認証が必要なので、一時的にインターネットに接続しなければならず、やや不便な印象です。

通信量を節約する目的でダウンロード機能を使う場合は、アマゾンプライムビデオ・dTVどちらも十分に効果的ですが、完全にオフラインの状態で動画を視聴したい場合はアマゾンプライムビデオを選ぶほうがよいでしょう。

さらに、ここで最も注目していただきたいのが、ダウンロードした動画を保存できるデバイスの違い。次の表をご覧ください。

動画を保存する端末

アマゾンプライムビデオ

dTV

スマートフォン

タブレット

PC

◯(Windows版アプリを使用)

×

dTVを含め大抵のVODサービスではスマートフォン・タブレットに動画を保存できるのが一般的ですが、アマゾンプライムビデオの場合はパソコンへのダウンロードも可能なんです。

「Amazon Prime Video for Windows」というWindows専用のアプリをインストールすることで、パソコンへの動画ダウンロードも可能になります。

Amazonプライム PCアプリ

飛行機などの移動中にオフライン再生で動画を楽しみたいけれど、スマホやタブレットでは画面が小さくて物足りないという方も、Amazonプライムならお悩みを解決できるかもしれません。

アプリのインストールはこちらからどうぞ。

4.アカウント共有でアマゾンプライムビデオとdTVを比較

次に、アカウント共有機能からみたアマゾンプライムビデオとdTVの違いをご紹介します。まずは、概要を示した次の表をご覧ください。

 

アマゾンプライムビデオ

dTV

アカウント共有

同時視聴

◯(3台まで)

×

ユーザープロフィール設定

◯(6つまで)

×

年齢制限

このように、アマゾンプライムビデオとdTVはどちらもアカウント共有が可能ですが、両者では共有の形態が異なっています。

アマゾンプライムビデオは1つのアカウントにつき6つまでプロフィールを設定可能、ユーザーが子どもか大人かを選ぶこともできます。ここでアカウント利用者の年齢制限によるアダルトコンテンツの視聴制限を設定できるので、親子で楽しみたいという場合も安心ですね。

Amazonプライム アカウント共有

対して、dTVのアカウント共有とは、端末の追加を意味します。つまり、アマゾンプライムビデオのようにユーザーを追加するという形態ではないため、ユーザープロフィールの区別ができません。

dTV アカウント共有

dTVのアカウント共有とは、1人の人がスマホ・タブレット・PCなど複数のデバイスを使ってdTVを見ている状況と同じになるわけです。いわゆるマルチデバイス機能を使っている状態ですね。

プロフィール区別の有無は年齢制限のかけやすさにも関係しており、アマゾンプライムビデオとdTVを比較すると、ユーザーの区別ができるという点でアマゾンプライムビデオの方が使いやすいです。

つまり、dTVの場合はプロフィールの区別ができないため、1つのアカウントがまるごと視聴制限の影響を受けてしまいます。お子さんが使う場合にはその都度会員情報を設定しなおす必要があるので、サクサクと切り替えることはできません。対して、アマゾンプライムビデオなら、ユーザーをお子さんに切り替えるだけでよいので、簡単に設定ができるんです。

また、アマゾンプライムビデオでは同時視聴ができますが、dTVでは同時視聴は不可能。この点も注意したいところですね。

dTV 同時視聴エラー

アカウントを共有して同時に視聴するという状況が起こりそうであれば、dTVは避けた方が無難でしょう。

ただし、dTVはFire TV Stickやスマートテレビなどに対応しているため、皆で一か所に集まってテレビの大画面で視聴することも可能です。同時視聴できないからといって、一概に不便であるとも言い切れないので、どんな状況で動画をシェアすることになるか一度イメージしてみることをおすすめします。

アマゾンプライムビデオがおすすめの人

Amazonプライム
  • 少しでも安く利用したい人
  • 邦画やアジア映画が好きな人
  • テレビや劇場以外で、お笑いを何度も観たい人
  • パソコンに動画をダウンロードしたい人
  • 移動中など完全オフラインの状況でも視聴したい人
  • 家族でアカウントを共有したい人
  • 同時視聴したい人
  • 「Amazonプライムスチューデント」で半額利用できる学生

dTVがおすすめの人

dTV
  • 洋画が好きな人
  • 新作を安くレンタルしたい人
  • K-popが好きな人
  • アーティストのMVやライブ映像を視聴したい人
  • カラオケ音源に手軽にアクセスしたい人
  • ムービーコミックで漫画も読みたい人
  • 本数制限を気にせずに動画をダウンロードしたい人
  • 1人でじっくり動画鑑賞したい人

月額たったの約500円!アマゾンプライムビデオとdTVは結局どっちがコスパ最強?おすすめはどっち?

まず、アーティストのLIVE映像など音楽関係のコンテンツを楽しみたい場合は、dTVの方が圧倒的にコスパが良いです。見放題の範囲内で利用できる映像も多く、月額550円(税込)でいつでも・どこでも・何度でも観られるというのは、dTVならではの魅力ですよ。ということで、音楽好きにはdTVがおすすめです。

dTV 音楽

\見放題充実

音楽好きにおすすめ!

しかし、「音楽関係のコンテンツにはそこまで興味がない」「映画やドラマを楽しみたいんだ」という人も多いのではないでしょうか。そんな人にとって、基本的にコスパがよいのはアマゾンプライムビデオのほうだと言えます。

\プライム会員特典あり/

家族アカウント共有6つOK

理由は少し複雑で、dTVの映画やドラマの質がアマゾンプライムビデオに比べて劣るから、dTVよりもアマゾンプライムビデオの方がコスパがよいというわけではありません。先ほども見たように、アマゾンプライムビデオとdTVでは音楽関係コンテンツを除いた作品数に大きな違いはありませんでしたね。

ではなぜアマゾンプライムビデオの方がコスパが高いかというと、ずばり、VOD以外の便利なAmazonサービスを月額500円(税込)の内で利用できるからです。要は、プランに加入する特典が盛りだくさんということですね。

Amazonプライムに加入すると、主に次のサービスを利用できるようになります。

  • 配送料無料
  • お急ぎ便・お届け日時指定便が無料
  • プライム限定価格でショッピング
  • Amazonプライムビデオ
  • Prime Music(楽曲やアルバムなどが聴き放題)
  • Prime Reading(対象のKindle本が読み放題)
  • Amazon Photos(写真をAmazon Driveに容量無制限で保存可能)

Amazonでよくお買い物するという人は、Amazonプライムに加入することで動画が見放題になるだけでなく、送料無料・日時指定無料と日ごろのショッピングでも節約ができますよ。

書籍や音楽もあわせて楽しむことができるので、文化的な毎日を送りたいという人にもぴったりです。ぜひ試してみてくださいね。

実際にアマゾンプライムビデオとdTVを利用した私の口コミ感想

ここからは、実際に私がアマゾンプライムビデオとdTVを利用して感じた両者の違いを紹介していきます。主に気になった以下の2つのことについて赤裸々に語っていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.ラインナップについて

2.アカウント共有について

それでは、順にご紹介していきます。

1.ラインナップについて

まず、アマゾンプライムビデオを利用した感想としては、幅広いジャンルの作品をバランスよく網羅しているという印象を受けました。映画・ドラマ・アニメどれをとっても、名作やヒット作といわれるものがラインナップされており、反対にマニアックな作品はそこまで目立っていません。

また、アマゾンプライムビデオの作品の中でもひときわ存在感を放っているのが、お笑い・バラエティー系のAmazonオリジナル番組です。松本仁志さんが手がけるお笑いドキュメンタリーなど、テレビ放送では観られないようなエッジの効いた番組も多いので、バラエティー好き・お笑い好きには刺さるのではないかと思います。

一方、dTVは音楽関係コンテンツの厚みが圧倒的です。特に、BTS・SEVENTEEN・EXOといったK-POPアーティストや、GENERATIONS・三代目 J SOUL BROTHERSなどのEXILE系列グループのライブが人気を集めめていますね。円盤を購入してライブ鑑賞するのも楽しいですが、dTVのライブ映像配信は場所を選ばずスマホ一つで手軽にアクセスできるという点で、満足度の高いサービスだと言えるでしょう。

また、dTVはオリジナル作品もなかなか優秀。Kis-My-Ft2の出演するバラエティ番組「キスマイどきどきーん!」やオリジナルアニメなど、注目していただきたいコンテンツがたくさんありますよ。

dTV ムービーコミック

dTVのリジナル作品の中でもとくに見逃せないのが「ムービーコミック」です。その名の通り動く漫画で、コマにキャラクターボイス・効果音・BGMなどがつけられています。配信数は約50作品と少なめですが、ヒット作が多く揃っているので、漫画好きは一度チェックしておく価値があるでしょう。

2.アカウント共有について

ここまではアマゾンプライムビデオとdTVのラインナップについて感想を述べましたが、サービス面の使いやすさも気になるところですよね。私が実際に利用してみて気になった点は、主にアカウント共有時の使い勝手についてです。

アマゾンプライムビデオは、アカウント共有したときにユーザープロフィールも一緒に追加できるので便利。これは確かなのですが、実は、ユーザーの切り替えが簡単にできてしまうところに落とし穴があるんです。つまり、ユーザーの区別はできるものの、他のユーザーが使っている画面にも簡単にアクセスできてしまうことになります。

そして、ここで生じるのが「視聴履歴がバレる」という問題です。

Amazonプライム ユーザー追加

ユーザーを区別できないdTVでは言わずもがな視聴履歴が共有されてしまうのですが、実はユーザーを区別できるアマゾンプライムビデオでも視聴履歴を完全に秘密にすることはできないんですね。どちらのサービスでも視聴履歴をこまめに消す必要がでてくるので、プライバシーを守りたいという人は面倒に感じてしまうかもしれません。

dTV 視聴履歴削除

とはいえ、アマゾンプライムビデオ・dTVのどちらも、実際に使ってみるとデメリットよりもメリットの方が大きく、月額約500円としてはコンテンツ・サービスともに申し分ないレベルだと感じました。

どちらにしようか迷って決められないという人は、無料体験を活用してアマゾンプライムビデオとdTVを使い比べてみるのがおすすめです。アマゾンプライムビデオは30日間、dTVは31日間のお試し期間が設けられているので、この機会にぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

まとめ

アマゾンプライムビデオとdTVでは、ラインナップの傾向やアカウント共有の利便性などに違いがあることがわかりました。コスパだけでみればアマゾンプライムビデオが有利ですが、それだけでは測りきれない魅力がどちらのサービスにもあります。

どんな作品を中心に楽しみたいか、家族とアカウント共有する予定はあるのか、オフライン再生できないと困るのか、などそれぞれの生活スタイルに合う方を選びましょう。

アマゾンプライムビデオもdTVも無料体験を実施しているので、迷ったら両方試してみるというのもおすすめです。ぜひご自身にあったサービスを見つけてみてくださいね。

※dTVの「本作品の配信情報は2021年6月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。」

\見放題充実

音楽好きにおすすめ!

\プライム会員特典あり/

家族アカウント共有6つOK

\月額1000円の動画配信サービス比較/

スポンサーリンク